スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆質問の巻

いろいろ考えた結果を
どこかアウトプットしたくて、
再度ブログをはじめます。



さて、今日は、とてつもなくぞっとし、
えもいえぬ孤立感にさいなまれたことの巻。





会社にて、
ある人に何度も何度も説明して、
お願いした仕事について、

いまさら、「よくわからなくて」

といわれた。



確かに自分の説明は下手だ。
伝わりにくいところが多々ある。

でも、

そのときも、今回も、
これ以上やさしく説明できない、というほど
言葉を選んで、図を描いて、イメージを伝えているのに。

??? といわれると、


もう、これ以上無理

どんな手段を使ったら分かってもらえるのか、
もうわたしには想像すらつかない!!!!!!

たすけてーーーーーー!

って、なった。



で、結局どうしたかというと、


分からないところを、ひとつひとつ、
逆に質問していくこと、なんだよね。


具体的にイメージできる?
どういうところがあいまい?

そういうことを質問し、手がかりを得て、
少しづつ少しづつ、山を崩していく。



一方的に「説明」するのではなく、
双方向で「会話」することなんだね。



なにをいまさら、と思ったんだけど、
いままでなにやっとったんな!!! と思われるかもしれないが、



そういうことだったんだよね~~~~~~




だからなんだっていうことを
書いていきます。よろしくよろしくw




150億円の絵を描く身近な青年


ご無沙汰してました。

こちらは元気です。

すこしブログを書いてみようと思います。







先日、ゴッホ展に行ってきた。


ゴッホの若いころからの作品から、

パリ時代、アルルに移ったあとのものも少しあった。




ゴッホというと、

なにかよくわからないけれど、とりあえずありがたがる という風潮がある。

事実、絵の最高額を調べてみると150億円弱。

ありがたがるのも無理はない。



でもね、この展示は、後世の評判うんぬんじゃなくて、

苦悩するゴッホに寄り添っていた。




若いころ、その時代の流行? を追って描いた絵から

自らの道を模索し、苦悩し、打破し、またそこから模索し、

永遠とも思える地獄の繰り返しが見てとれた。




わたしも大人になったのかな。

絵、そのものではなく、絵の奥にいるその人を追っていくのだ。

そうすることでうかびあがる、存在、光、影。

絵の楽しみは人生の楽しみそのものだと思う。




見ごたえがあって大変よかった。

星三つだw




素数の階段

NHKで「魔性の難問~リーマン予想・天才たちの闘い~」
という素数のなぞに迫る番組を見て以来、
おりにふれては、素数が心の中から浮かびあがる。


ちょっとその素数の階段が見てみたくて、
VBAでプログラム組んでみた。
エクセルもってる人は試してみてね♪



Sub 素数()

Dim i, m, MaxCol, b As Long

Application.ScreenUpdating = False

MaxCol = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

For i = 4 To MaxCol

For m = 2 To i - 1
b = 0
If Cells(i, 1) Mod Cells(m, 1) = 0 Then
Exit For
Else
b = 1
End If

Next m

If b = 1 Then
Cells(i, 1).Interior.ColorIndex = 6
Cells(i, 2) = "●"
b = 0
End If

Next i
Application.ScreenUpdating = True

End Sub


エクセルであらかじめにA列に1から順に数を記載、あとは実行。
4以降の数で、
素数であるものにはセルの色が黄色かつ隣のセルに●がつく。


こういうことをすると科学技術の進歩を感じる。
3万ほどの数から素数を全部取り出すのに
30年前だとどれだけの時間がかかってたんだろう。
今はコーヒー注いでいるあいだにすべてが終わっているわ。




さて、その素数の階段。3万までで3425段あった。
階段の数よりも、そのタイミングが気味悪くてすてき。
半音ずらしたような、不自然な秩序に支配されているかんじ。

番組内では非可換幾何学と通ずるものがあるとあったが、
宇宙のひずみすら感じるよ…。


もうすこしもんでみようと思う。
なんだか、これ、おもろいかもね!!


最近の不思議

読書について


SFさんは
・ガニメテの優しい巨人
・巨人たちの星
アマゾンにあるように巨人たちでガクッと落ちた。
その紐の先はやっぱりそこに落ちるのね、
でも信仰が文明の足かせになっているのも事実。
一神教のメリットとデメリットははかりしれない。



それ以外
・感性の限界
・知性の限界
感性のほうが面白く読めた。
人間の心理のあやふやさについて書かれいた。


もっとそれ以外
・眠れなく宇宙のはなし
膜宇宙のことをはじめて知った。おもしろいね。
でも私は宇宙はチューブ型だと思うカン。


・仕事をしたつもり
今勤めている会社が残業多い→優秀という
アホなロジックがまかり通っている。
査定を視野にしている人、そうでないひとの差が楽しい。
わたしはもちろん、人生を楽しみたい派。
だから…


・9つの性格 
エニアグラムについて。私は楽天家だったw やっぱり。



そしてそれらを踏まえ、
最近の不思議は、「元素合成」について。

この世界を構成する最小単位の元素。
それが生まれる方法はなぜか限られている。

宇宙が元素のゆりかごであるなら、
地球は、私たちはただの副産物なのか?


まあ、よく分からんけど、
もっともスケールがでかいものが、最小のものを生み出すって
なんて興味深いんだろう!!


ただの思考実験かもしれんけど、
おもしろけりゃいいんだろうて。
Coming Soon!

プロフィール

ひぃ

Author:ひぃ
居住地は、
広島→高知→広島→京都→東京→広島
と日本をうろうろ。
趣味は旅行。
国内外をふらふらしてます。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。